​​集団ストーカー

​​誰も信じてくれないお悩み事

ストーカーに遭っている、常に盗聴されている、体に痺れるような感覚を覚え電磁波攻撃を受けているのでは?
このような心配事を周囲に相談しても誰も相手にしてくれない・・・ご自身にとっては絶望的と言える様な心境ではないでしょうか?事実、法律事務所には〝電磁波攻撃〟のご相談のお問合せが大変多いそうです。しかし、法律事務所の対応は〝お断り〟が原則であるといいます。それは法的にアクションを起こすには、その証拠も根拠もないからだと言います。その証拠や根拠を見つけ出す事ができないかたこそ、ご相談者は苦しみ悩んでいるわけです。弊社はこのような事態を収束させるための調査と事態収拾のための作業を、ご相談者の立場になってお受けする唯一の味方となります。どのような事でもご相談下さい。

お問合せ
3644413_s.jpg
 
Man Hands On Keyboard

​​事態収拾のための第一歩

​​細やか且つ極秘裏な準備

 
349144_m.jpg

​​安全の確保

​(集団)ストーカーでよくあるのが、相談者の自宅を訪れて不快な行動をするという事があります。何をするわけでもなく、〝自宅の前を行き来する〟待ち伏せされているのではないか?という恐怖感を覚えるという申告が、ご相談者からよく聞かれます。弊社はその不安感と状況把握のために偽装型遠隔監視カメラを設置して、誰にも知られる事なくその状況を監視し、ご相談者の不安感を取り除きます。この偽装型遠隔監視カメラは、警察でも見抜く事ができず、遠い場所からでもその映像をタイムリーに確認できるため、その安心感はご相談者から大変ご好評を頂いております。

Typing on a Computer

盗聴、電磁波攻撃の対応

ご相談者から多いご相談が、〝電磁波攻撃〟です。弊社では、その電磁波がご相談者の体に実際に影響を受けているか電磁波測定を行います。その上で、その電磁波がどこで照射されているかの特定をする調査を行います。
また、ご相談者から聞かれる状況は〝常に盗聴されている〟や、〝携帯電話の盗聴〟または〝デジタル盗聴器を使われている〟という話です。弊社では一般的なアナログ盗聴器からデジタル盗聴器の探査も行い、その発見とその後の対策を講じます。

22280561_s.jpg

デジタル盗聴は現実にある

現在のところ、盗聴器は一般的にアナログ盗聴器が主流です。これは誰もが安価で手軽に入手する事ができるからです。しかし近年、その情況が変わり、デジタル盗聴への移行が進みつつあります。それはアナログ盗聴器と比べ発見がしにくく、電波の距離範囲が全世界に及ぶため、盗聴している人物の発見も困難だからです。
デジタル盗聴器とは携帯電話のSIMにより携帯通信を使うからです。デジタル盗聴器の探査には通常の広域帯受信機では探査できず、〝スペクトラムアナライザ〟という特殊な機器を使い解析しなければ発見に至りません。弊社ではスペクトラムアナライザと様々な機器を併用してデジタル盗聴器の探査を行います。
また、自身の携帯端末が実際に盗聴されているかの携帯端末解析を行い、その事実確認まで行います。