検索
  • info488485

他社で結果がでなかった方、予算が少ない方などが多くご来社

個人のお客様からのご相談で一番多いのは、やはり浮気調査です。ネット検索された方は、「低料金 中央区の探偵事務所」の東京ベイ調査事務所を見つけて来られたり、弁護士のご紹介で来られる方もいらっしゃいます。



「やっと見つけた」と皆さんおっしゃいます。何故なら、多額の広告宣伝費をかけていないため、トップページには上がってこないからです。


「浮気調査 中央区」とか、「低料金 浮気調査」などで検索されると、せいぜい3ページ目くらいに表示されます。


お金をかけてトップページに表示させたとしても、探偵の検索結果には「安い」という宣伝文句をうたっている業者が大変多いため、お客様の料金に反映するようなお金をかけても意味がないと考えているからです。


それでも、多くの方が当事務所に来られます。その理由は、トップページに上がった業者に問い合わせをしてお見積りを取ると、「料金が高い」、「見積もり金額が不透明」、「担当者の雰囲気や対応があまり良い感じを受けない」、「方法論と料金が納得できない」・・・などです。


お客様の中には、すでに弁護士に相談されているという方もいらっしゃいます。当事務所では、このような場合にその場で契約をする事は殆どありません。何故なら、既に弁護士にご相談されているのなら、探偵に依頼したいとう意思表示や探偵のお見積り金額を弁護士に説明して納得して頂くべきと考えているからです。


また、「予算が少ない」という方も多く、探偵の見積金額とご自身の予算が見合わないという事で、探偵側に断られるか自ら断って諦めてしまう方もいらっしゃいます。


実は、探偵社側も個々のお客様の状況に関係なく、「浮気調査ならこの金額」という感覚で見積もりを出しているところもあり、実際のお客様の状況(配偶者の不貞状況)や、現状でお客様が持っている情報を精査しない探偵社が多いように思えます。


ただ闇雲に「浮気調査」、何日間の調査が必要とか、1日何時間やる必要がるとか、調査員は何名必要とか、単に実施体制だけで見見積をだされるわけですが、お客様の状況や持っている情報を精査すると、料金偏重の見積もりが全く無駄な費用が多く含まれている場合があります。


当事務所は、まずは精査から始めて、不必要な調査日数時間や調査員体制を徹底的に排除します。これによって、「単価は下げない(調査員の質を下げない)」、「無駄な張り込み時間をかけない」事が可能になり、当事務所も赤字にはならず、お客様に対しても余計な予算を使わせないで結果を出す事ができているのです。


中には、お客様が弁護士にお見積りを伝えると、当事務所に依頼する事は、『財産分与や慰謝料請求金額に対して、弁護士費用を考慮しても、プラスになると言われた』と弁護士に言われて改めて当事務所にご来所される方も多いのです。



当事務所は自信をもって、お見積りをお出ししますので、是非、このお見積りを持って法律事務所に行かれて下さい。



閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示