検索
  • info488485

浮気調査を低料金にさせる「季節」❓

浮気調査を低料金にさせる『季節』があるのをご存じでしょうか?


ある種、『独断と偏見』でお話をしたいと思います。(笑)


「無駄な時間を調査に費やさない。」、「無駄な調査員を増やさない」これは基本です。それでも、〝動きが読めない〟という事もあり、相手がある事ですから、時にやむを得ない場合もあります。


季節といえば、よく言われるのが冬場です。〝クリスマス〟というイベント事もありますから、絶好の機会と言えます。また、寒い時期は〝人肌恋しい〟という事から浮気をする傾向があります。少し状況は違いますが、寒い地方(東北地方)では浮気が大変多いと仲の良い同業者に聞いた事があります。何故かと聞いてみたら、「寒い土地だと、他にやる事がないんです。そうですね・・・。釣りかパチンコか。それ以外は浮気くらいです。」と。


冬場はイベント事と人肌恋しい季節


やはり、〝人肌恋しい〟という事なのでしょうか?


さて。では夏はどうか?寒い季節を経て、段々と温かくなり、春先から夏にかけてどうしても〝開放的〟になります。特に男性の場合は、視覚的要素から性的な刺激を受けますから、女性の装いが軽装になってくると、浮気の動きが活発的になる傾向があるのかも知れません。


確かに、夏場は冬場に匹敵するほど浮気の御相談が多いようです。


要するに、その〝活発的〟・・・・活火山で言えば、〝活動期〟ですね。そういう時に調査の日程が組みやすかったり、浮気の証拠を押さえやすくなります。



コロナ禍で人流が抑えられていましたが、ようやくマスクを外す外さないの議論まで出始めて、人々の活動が活発になりつつあります。これに伴い、〝夏〟というキーワードが、浮気を活動的にさせると同時に、浮気の証拠を押さえやすくなってくるわけです。



当然、不活動期よりも、活動期の方が証拠を押さえるチャンスは多くなり、その結果、さらに無駄な調査日数が減り、調査料金も想定より低額になるのは言うまでもありません。(※意図的に日数を引き延ばそうとする探偵社は論外)


もちろん、全てが季節に関係するわけではありません。季節に関係なく、浮気行為をする人は大勢います。ただ、これまで浮気の兆候もなかった人が、そういう機会に恵まれる可能性が増えるという事です。


夏場で勝負。冬場で勝負。いずれにしても、『イベント事が多い。』、『人肌恋しい。』、『開放的になる(活動期)』というキーワードで、信頼できる探偵事務所や調査会社を探してご相談されてみるのも、予算を抑えるひとつの方法かも知れません。


ホームに戻る


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示