検索
  • info488485

浮気調査を既に他社にご依頼の方へ

東京ベイ調査事務所中央には、既に他社にご依頼された方が大変多くご相談に来られます。中には何社にもご依頼され、結果が出ずに大金をお支払いになられた方もいらっしゃいますし、大金ではないけれど、調査結果に不信感が生じ、他社を断って来られる方など、様々な理由で来られます。


東京ベイ調査事務所中央では、浮気調査にかける費用は最大でも50万円前後とさせて頂いてますが、他社にご依頼されて結果がでなかった場合、中にはその他社の調査で調査対象者に調査が発覚してしまったケースもございます。このようなケースになりますと、流石に当事務所でも、結果を導くための方法論が複雑になってしまったり、時間と日数をかける事が必要になってきます。これに伴い、調査費用もポリシーに反して増える事が予想されます。


したがって、可能な限り他社にご依頼される前に、当事務所にご相談して頂く事が望ましいと思われます。その判断材料として、『総時間契約で、その時間分を全額前金』で、その前金が数百万円(200万円~500万円)等の場合には、その場でご契約はされない事です。


まず、何故最初からそれだけの費用をお支払いする必要があるのか疑問です。こういった契約は『余ったら返金します』と業者は言うようですが、殆どの場合、使い切られて戻ってくる事はないようです。初めての探偵へのご依頼では、調査対象者が警戒などしていないケースが殆どですから、浮気をしていれば、必ず結果は早期に出ます。早期に結果が出る事で費用は然程かからないで済むものなのです。



前述したような『総時間契約』というのは、素行調査(社員等の行動確認等)で、調査対象者の日々の行動を知るために行われる調査で多く、浮気調査のような特定の目的(不貞の証拠)という調査では、まったくナンセンスな契約方法なのです。つまり、浮気調査は浮気の証拠が取れれば完了で、素行調査は一定の期間内の調査対象者の立寄り先や接触人物などを調べる事なので、目的が全く違うわけです。


くれぐれも、浮気調査で一定期間の契約を行わない事をお勧めします。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示